スポンサードリンク

占いを売るには?占い依頼をもらうには?読者の心に響く販促のやり方

 

ここまでがすべてスムーズに進んだ場合…

 

今のあなたは、

  • 自分をいい感じにパッケージングすることができていて
  • なおかつ、人々を集める集客導線を持つことができていて
  • なおかつ、その人達とつながりを残す仕組みをもつことができた

ということになります。

ここまでで、ネットで集客するために必要な、最低限の条件は整いました。

優秀な人は、これだけでもすでに、いくらかの売上を出せるようになったはずです。

しかし、ここにさらに「販促」を行うことで、お仕事依頼をさらに加速することができます。

というわけで最後に、「販促のやり方」について解説します。

 

占いにおける「販促」のやり方

販促の目的は「顧客に買いたいと思わせること」なので、その効果が誘発できるのであれば、方法はなんでも構いません。

とにかくお客様に「この人に会ったら利益がありそう」と期待させ、ワクワクさせればいいんです🤗

  

ただ、僕がもっとも成功したのは、

  • 自分の鑑定例を紹介する
  • お客様の感想をのせる

という二つでした。

 

タロット鑑定例を書く

僕のブログでは、よく「タロット占いの鑑定例」を掲載しています。

これが、僕の販促手法の全てです。笑

過去のデータ的にも、「鑑定記事」を載せ続けてるときが一番売上が安定しており、その逆に鑑定記事をのせていない時は一気に売上が下がりました。

 

ちなみに鑑定例を書くときのコツは

「どういう人が」

「どういう風に変化したか?」

といったことが伝わる形式で書くことです🐻✨

なぜならそのほうが、「ブログ読者の中の同じ悩みを抱えている人が」「私もそんな風になりたい!」と思ってくれ、そこから購入へと繋がりやすいからです。

 

最近は、僕のまねっこをして「タロット占いの鑑定例」を載せる占い師さんが増えましたが、その多くがあまり成功していません。

それは、この基本形を守っていないため、「読者の期待」を引き起こしていないからです。

多くの人は、「鑑定例をのせればお仕事がくるんだ」と考え、まねっこするのですが、それはとても「うわっつらの解釈」です。

どれだけ鑑定例をのせたところで、それが「読者の期待」を引き起こすような内容になっていないなら、占いは売れません。

 

お客様の感想を掲載する

これはシンプルでわかりやすいですね🤗

無料鑑定などをしたときは、必ずお客様に「感想」を書いてもらうようにしてください。

そしたらそれをどんどんブログにのっけていきましょう。

それだけでも、だいぶ「読者の期待」を誘発することができます。

 

とにかく期待させる。ワクワクさせるものを書く

販促というのは、難しい事は何もありません。

すべきことはただただ、「読者に期待させる文章」を書く。

それだけです。

これが、ものを売る方法の全てです。

 

「そんなシンプルな…」と思うかもしれませんが、実際、それ以上に表現しうることがないのです。笑

 

でも、自分に置き換えて考えてみてください。

あなただって、何か商品を買うときは、「その商品を買ったあとの自分の姿」をイメージし、期待したから、買ったのではありませんか?

 

あなたが初めてスマートフォンを買ったとき、車を買ったとき、パソコンを買ったとき、

「これを買えば、こんな未来が待っているんじゃないか」

と想像しましたよね?

だから、購入に至ったんですよね?

 

つまり販促ってのは、そういうことなのです🤗

販促の本質は、自分をアピールすることではなく、「読者の期待と想像力をかきたてること」です。

 

逆に言えば、「読者の期待」を引き起こせるアクションであれば、手法はなんでもいいのです。

もしあなたが、僕が提案する方法以外に、「もっと読者の期待を引き起こすアクション」を思いついたのであれば、僕の手法にとらわれることもありません。

実際、世の中の占い師さんのブログを読んでいると、「鑑定例」をのせていない人の方が多いです。

でもそういう人たちも、なんらかの別の方法で「読者の期待を引き起こす記事」は書いているはずです。

あらためて、そういう目で、世の中の占い師さんたちのブログを見て、研究してみてください。

するとそこから気付けることがあるはずです🤗

そうやって何か新しい手法を見つけたなら、そのときは「あなたの手法」でどんどんやっちゃいましょう。

 

無料版ではここまでです!

ここまで読んでくれてどうもありがとうございます😊✨

この記事が、あなたの独立開業に役立てば幸いです😎