スポンサードリンク

顔出ししない占い師は売れない。自分を恥じる者は、誰にも信頼されないし、必要とされない。

f:id:noabooon:20180220182049j:plain

 

こんにちわ!

渋谷のタロット占い屋、中川龍です🤗

 

「占い師になりたい!」と決意して、せっかく気合いを入れてブログを開設したのに、ぜんぜんお仕事が来ない・・・

そんな悩みを抱える占い師さんは多いようです。

 

どうして、そんなことになってしまうのでしょう?

「売れる占い師と、売れない占い師を分ける違い」はなんでしょう?

 

これはケースによって色々考えられるので一概には言えないのですが、今回はその中でよくあるパターンの一つである「顔出ししてない」について書いてみます🤗

 

 

先日、とある依頼人とこんなやりとりをしました!

 

顔出ししない占い師は、売れない! 

依頼人

私も中川さんみたいな個人で活動する占い師になろうと思って、半年前からブログを始めたんですけど、ぜんぜん集客できていません、、、

自分なりに工夫してやってはみてるつもりなんですが、何がいけないのやら、、、

 

中川龍

こんにちわー!

おっけーです、それではまず、あなたのブログを見させてください。

何か問題点が見つかるかもしれません🤗

 

依頼人

おねがいします!

このサイトです!

URLはうんたらかんたら、どっと、じぇーぴーです!

 

中川龍

ふんふん、、、

ふむふむ、、、

うん、あなたの問題点がわかりましたよ🙂

 

依頼人

え、はや!!!!!

 

中川龍

とりあえず、写真とって顔出ししましょうか!

 

依頼人

えーーーーーーー!

顔出しですか?

いあ、それはちょっと、恥ずかしいというかなんといいか…

  

中川龍

だから、お仕事依頼こないんですよ🙂笑

 

依頼人

えーーーー!!!!!

 

中川龍

占いに限らずどんな分野でもそうですが、webサイトで何かものを売りたいなら、顔出しが基本ですよ笑

なぜならそのほうが「どんな人か?」がわかるので、イメージがわきやすく、商品購入の敷居が下がるからです。

とくに占いのような「個人セッション形式のサービスを売るような商売」では、実際にその人とお話しするときのイメージが欲しいので、顔出しは「ほぼ絶対必須」です。

 

依頼人

ふええええ、、、

なるほど、、、

 

顔出ししないでも売れてる人は、顔出ししてなくても収益が発生する仕組みで戦っている。

依頼人

でもでも、「しいたけ占いさん」とかは、顔出ししてないですよね?

それでもあの人は売れてます!

これはなぜですか?

 

中川龍

いや、しいたけ占いさんは、「個人セッション」は売ってないじゃないですか。

あの人がメインで販売しているものは「本」です。

本だったら、顔出ししてなくても、しいたけさんのツイッターなどを日々読んで入れば「どんな内容が書いてあるか」がなんとなく想像つきますよね。

だからあの人はそれで成立しているんですよ。笑

 

依頼人

あ、なるほど、、、

 

中川龍

でもあなたの場合は、「占い師になりたい」のですよね?

 

依頼人

はい。。。

 

中川龍

つまり、しいたけ占いさんとは「収益を発生させる構造」が根本的に違うのです。

だったら、あなたは、あなたに最適化された手法をとらないと!笑

 

依頼人

うあああああ!

たしかにーーー!!!!!

 

中川龍

でしょでしょー!

逆に聞きたいですが、個人セッションを売っているような人で、顔出ししていない人っています?

おそらくほぼ絶対にいないはずです。

 

いま適当にいくつか、占い師のホームページ見てみましょうか?

ほら、このサイトも…

あるいは、このサイトも…

こちらのサイトの方なんか、全記事に無駄に自撮り写真のっけてます。

ほらね!

 

依頼人

ほ、ほんとうですね、、、、

確かに、みんな顔出ししてる、、、

ていうか、そもそも私がこれまでファンになったブロガーの方や、占い師の方も、みんな顔出ししてましたわ、、、

こんな当たり前のことに気付いてなかったなんて、、、

 

中川龍

人間てなかなか自分のことになると客観視できないものなので、仕方ないですよ🤗

あと、顔出しはあくまでも「ほぼ絶対必須」なだけで、「絶対必須」なわけじゃありません。 

何事も例外は存在します。

例えば占い師ではなく心療内科ですが、ゆうメンタルクリニックのゆうきゆうさんなんかは、顔出ししていません。

でもこの人はその代わりに、「心理学に関するマンガ」を毎日書いています。

 

 

だからその漫画を見れば、なんとなく「ゆうきゆうさんのイメージ」がわくようになっています。

だから彼は成立しているわけです。

 

というわけであなたの場合も、どうしても顔出ししたくないっていうなら、「その代わりとなるような何か」を計画してみてください。

占い師の日常的な四コマ漫画を描いてみるとかね!

そこまでしっかりとした「代わり」を用意できるというなら、顔出ししないでも大丈夫です。

 

依頼人

うーん、、、

私はそんな漫画がかけるわけじゃないですしね、、、

 

中川龍

だったら、顔出しするのが一番てっとりばやいです🤗笑笑

 

依頼人

そうなっちゃいますよねーーー!!!!

 

「家族や友人にバレたくない」という考えはプロ意識が低すぎる

依頼人

うう、、、

でもやっぱり、恥ずかしいです、、、、

家族や友人にバレたらって思うと、、、

 

中川龍

え!

だったらなおのこと、顔出ししたほうがいいです。

なぜなら今のその言い方だと、あなたは自分の生き方を「恥じている」ってことになります。

恥じて行われる商売など、絶対に成功しません。

 

例えば「家族や友人にバレたら恥ずかしいから、常に覆面して接客するハンバーグ屋さん」とかあったらどう思いますか?

そんなハンバーグ屋、行きたいですか?

そんな風に恥じて作られるハンバーグ、食べたいですか?

 

依頼人

食べたくないですーーー!!!!

もっと自信を持って堂々と調理してほしいですー!!!!!

 

中川龍

なら、あなたのそれも同じだしー!!!!!!

 

依頼人

たしかにーーーーーーー!!!!!

 

中川龍

今のあなたは、プロ意識がとても低いです。

そのマインドでは何をやってもうまくいかないので、もっと堂々と生きましょう!

 

家族に説明してないなら、今日さっそくしてください。

「家族に反対されることが予想される」なら、「こーきたらこー返す」みたいなのを脳内でシミュレーションし、「必ず説得する」と決意し、説得してきてください。

それでもどうしても「認めてもらえない」と予想されるなら、いったん今の時点ではその人達に認めてもらうことはあきらめて、「私は私の自由に勝手に生きる」「私もみんなのやりたいことには干渉しないけど、みんなにも私のやりたいことには一切干渉させない」と決意し、そのことを言葉と態度で表明してきてください。

すると最初はいくらか反発されるかもしれませんが、半年もそれを貫けば、いつか向こうのほうが心が折れます。

どうせそういう人は「なんとなく言ってるだけ」で、そこまで強い意志として、「占いに反対している」というわけではないのです。

だからあなたの心さえ負けなければ、最後は必ず「認めさせること」ができます!

 

こういう過程を踏んで、占いの仕事のことを、もっと堂々と行なってください!

そうでなければ、成功なんてできないぞ!

 

依頼人

は、はい、、、!

そうか、私はまだまだプロ意識が甘かったです!

もっと堂々とできるように、家族とよく話し合ってみます!

 

完璧な写真を撮ろうとするのではなく、適当でも元気がでる写真を撮ろう!

依頼人

中川さんのおっしゃりたいことはよくわかりました…

うう、でも最後にもう一つだけいいですか。

 

中川龍

ほいほい、なんですか🤗

 

依頼人

私はどうも昔から写真が苦手なんです、、、

だから、これから毎日写真とらなきゃって思うと、とても気が重くなります、、、

 

中川龍

え、気が重く?

なんか難しく考えすぎてません?

「写真のっけなさい」っていっても、別にめっちゃ美人な写真とらなきゃいけないわけじゃなくて、「あなたと話すと楽しそうだ」ってのが連想できるような写真をのせればそれでいいだけですよ?

 

依頼人

ほえ😳?

 

中川龍

例えばこちらのサイトを見てください。

 

www.tenkeirou.com

f:id:noabooon:20180523172028p:plain

 

あまりこういう言い方をするとあれですが、この方の写真はお世辞にも「美人」とは言えませんよね。

でも、満面の、全力の、むきだしの笑顔です。笑

こんくらい圧倒的な笑顔されちゃうと、「なんかすごい人なのかもしれない」「占いのお仕事依頼だしてみようかしら」って思いません?

 

依頼人

おおおおお!

たしかに!!!!!!

 

中川龍

こういうのでいいんですよ!

もしあなたがどうしても写真に苦手意識があるというなら、いったんプロのカメラマンを雇って、その人に撮ってもらうといいです。

そのときに「どういう姿勢でいるといいか」「どういうポーズでいるといいか」「どういう表情をしているといいか」を、こっちからどんどん聞くんです。

そうすれば、上記の人のような素敵な写真がとれます!

そしたらそれをブログのトップページにでものっけるんです。

はい、もう、売れてる占い師感が出る!

 

依頼人

なるほどなるほど!

確かに私は、「写真を撮る」=自撮りしなきゃいけない、美人にとらなきゃいけない、ブサイクだと思われたくないみたいなことを考えてました…

でもそうか、これって全部私の都合ばっかりで、「お客様目線」になっていませんでしたね。。。

 

中川龍

そうですそうです!

基本的に商売がうまくいかない人は、自分の都合だけで運営しています。

だからうまくいきません。

うまくいく人は、自分の都合よりも、お客様の都合をもとに考えることができます。

だからうまくいきます。

あなたもこれからはどんどん「お客様目線」に最適化して行動するようにしてください🤗✨

 

依頼人

わかりましたー!

ありがとうございますー!

 

いちばん可愛い自分を写そう♪ スマホでかんたん自撮りテク【文春e-Books】

いちばん可愛い自分を写そう♪ スマホでかんたん自撮りテク【文春e-Books】

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか🤗✨

せっかくブログを始めたのに、なかなかファンを増やすことができず困ってる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね😊

 

そしてそして、僕のマンツーマン講座を受けたい方は、ぜひ以下のリンクから申し込みくださいな😎✨ 

あなたの独立開業を加速させちゃうぞ!

 

www.dshocker.net

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう🤗