スポンサードリンク

8:タロット占いの練習方法!どんどん成長して『初心者から脱出する』にはどうしたらいいか?

最後に、タロット占いの練習方法について書きます🤗

 

タロット占いにおいて、

初心者を脱するために必要なこと、それは…

 

とにかくタロット占いで、遊ぶこと

です🤤笑

 

 

人の10倍インプットして、人の10倍アウトプットすれば、どんなジャンルにおいても成長する。

f:id:noabooon:20180414124822j:plain

 

これはタロット占いに限らず、あらゆるジャンルにおいて言えることですが…

成長したいなら、とにかく誰よりもたくさんインプットして、同時にたくさんアウトプットすることが重要です。

誰よりもたくさん「知識を吸収する機会」を持ち、同時に誰よりもたくさん「実際にやってみる機会」を持つということです。

 

タロットに限らずどんなジャンルであろうと、伸びる人はまず圧倒的にインプットしています。

そして同時に、アウトプットしています。

だから、成長します。

ごくごくシンプルな話です。

 

タロットにおけるインプットとは…

では、タロットにおけるインプットとは何でしょう?

それは

  • いろんな解説書を読みまくること
  • いろんなwebサイトを見まくること
  • 実際に他人の占いを受けてみまくること(それによって「このカードからこんなふうに連想する人もいるんだ?」みたいなものを集めること)

などが考えられます。

 

タロット占いには正解がないので、基礎知識以上のものをインプットするとしたら、あとはひたすら「他人のやり方」に触れ続けて、その中で自分が気に入ったものを取り入れ続けるしかありません。

というわけで、まずは色んな本を読んでみましょう。 

するとほとんどの本は、だいたい同じようなことしか書いてないのですが、それでも一つの本の中に数行くらいは「お、これは勉強になったぜ」みたいなところがあります。

そういう断片をいくつも集めていきます。

 

同時に、他人の占いを受ける機会を増やしてみましょう。

実際にプロの占いを受けてみるのもいいですし、あるいは同じような占い好きなお友達と集まって互いを占うのでも問題ありません。

とにかくこんな感じで「他人の解釈」に触れまくっていれば、自分の中にどんどん「自分流を考えるための素材」が集まっていきます。

それがいつしか「自分流」を完成させるためのパーツになっていきます。

 

タロットにおけるアウトプットとは…

次に、そうやって集めた素材をもとにどんどんアウトプットしましょう。

 

タロットにおけるアウトプットとは

  • 実際に他人を占ってみること

です。

 

ここで重要なのは「他人」を占うことです。

つまり、「自分占い」はアウトプットのうちに入りません。

あれはカードから連想する練習にはなりますが、占いの練習にはなりません。

 

また「家族占い」「友人占い」もアウトプットのうちに入りません。

最初のうちはそれでもいいですが、あとは見ず知らずの他人を占ったほうがいいです。

なぜならそちらのほうが、より緊張感があり、本気になるからです。

想像してみてほしいのですが、家族とキャッチボールするだけの日々を1年続けた人と、実際に野球の試合に出る日々を1年続けた人、どちらのほうが野球が成長するでしょうか?

もちろん、後者です。

それと同じです。

 

というわけで、どんどん他人を占いましょう。

あなたが気合が十分な人なら、いきなり路上占いに挑戦してみればいいです。

さすがにそこまでは…と思うなら、TwitterやfacebookなどのSNSを使って無料占いのモニターを募集してみましょう。

あるいは、【ココナラ】 レディウェイ のようなサイトに出品してみるのもありです。

そうすれば「占いを受けたい人」なんて、いくらでも集めることができます。

その人たちを、片っ端から占ってみましょう。

 

こういうと「私はまだまだ人を占うレベルではないので…」といって尻込みする人がいますが、そんなんプロフィール欄かどっかに「初心者の練習用アカウントです!」って書いておけば、占われる側もそのつもりで受けてくれるのでビビるこたありません。

また、タロットに限らずなんでもそうですが、「練習して上手になってから人前に出たい」というのは、典型的な「永遠に成長しない人の考え方」なので、捨てましょう。

ビクビクしないで、どんどん他人を占い、どんどん失敗しましょう🤗✨

その積み重ねがあなたの成長になるのです!

 

闇雲に実践するのではなく、実践の結果を検証する。

とはいえ、闇雲に占い続けていても、それだけでは成長できません。

実践した結果を、「検証するターン」が必要です。

 

というわけで、実践の際には、以下のような記録をとるようにしましょう。 

  • 相談者は誰か?(性別、年齢、職業、関係性など)
  • 問いは何だったか?
  • それに対してどんなカードが出たか?
  • どういう連想が湧いたか?
  • それを受けて相談者はどんな反応だったか?
  • セッション全体を通して、自分的に「良い」と思ったところはどこか?
  • セッション全体を通して、改善点があるとすればどこだったか?
  • どのように改善する方法が考えられるか?

 

次に記録をもとに、その内容を検証します。

 

まずは全体的に自分としては

「どこがピンときて」

「どこがピンと来なかったか」

をリストアップします。

そしてピンとこなかった部分に関して「では、どうすればピンとくるのか」を考えます。

  

例えば「相談内容に対して適切なスプレッドを展開できなかった気がする」と思うのであれば、タロットをの本を何冊か買ってきて新しいスプレッドを学習する必要があるでしょう。

「カードから連想できることが狭いと感じた」ならば、やはり何冊か新しいタロット解説書を買ってきて、それを読んで足しにするといいかもしれません。

 

場合によっては、データの母数が増えてくると、 「私は女性相談者のときはのびのび話せるのに、男性相談者のときだけ上手に話せない傾向があるな」みたいなことに気付くことがあります。

このような場合は、男性相談者のときに自分の内面にどういった思考が発生した結果、「上手に話せない」という結論に至っているのかを解明する必要があります。

心理学や、認知行動療法の学習が必要でしょう。

タロットができるようになるためには、時にはこのような「自己理解を深めること」が必要になることもあります。

 

「今の自分の知識量ではどうすればピンとくる形にできる判断できない」 という場合もあるかもしれません。

そういった場合は、師匠のような人がいるんだったらその人に相談してみるか、あるいは他の占い師さんの占いを受けてみて、そこからヒントをもらうなどが考えられます。

 

こんな風にして、実際にやって、不足を見つけ、その不足を埋める方法を考え、アップデートされた自分になる。

そしたら、また実践する。

すると、やっぱりまだピンとこないところが出てきます

そしたらまた、新しく他の解釈を吸収する。

それを繰り返します。

この積み重ねで、少しずつ「自分流のタロット占い」が完成していきます😎

 

タロットで遊ぼう!

しかし、「とにかく実践しよう!」という表現では敷居が高く感じ

「そんなに頑張らなきゃいけないならタロットあきらめよう😢」

と思う人もいるかもしれません。

 

こういう人は「とにかくタロットで遊びまることが大事なんだよ🤤」と解釈してください。 笑

好きなものって、ついつい色々試してみたくなりますよね。 

  • このカードには、他にどういう解釈があるかな?
  • こういう相談には、次回はこういうスプレッドを試してみようかな?

そんな感じで、子供の頃の「占いっておもしろいなぁ」という、あの頃の気分に戻って、たくさん遊んでみようということです🤤

結局なにごとも、成長する人っていうのは、「楽しんで数をこなす人」なのです。

 

この記事の冒頭で

「タロットで初心者から脱するために必要なことは、とにかくタロットで遊ぶことだよ」

と言いましたが、それはこういう意味です😎✨

 

参考リンク 

タロットで人を占う経験を積みたい人は、以下のような個人がサービスを出品できるサイトにひとまず登録してみましょう。

【ココナラ】

レディウェイ

 

以上で、「タロット占いの教科書」は終了です!

ここまで読んでくれてありがとうございます🤗✨

この記事が、あなたのタロットライフを輝かせることに役立てば幸いです♪

 

その他のページ

1:タロット占いの基本

2:タロット占いのやり方・キーワード・スプレッド

3:タロット占いの歴史

4:タロットの歴史を踏まえた上でわかること

5:タロット占い「ポピュラー」「ゴールデンドーン」「イメジャライズ」の具体的なやり方、コツ

6:タロットの基礎知識まとめ

7:タロットリーディングのコツ!タロットが上手に読めるようになるための秘訣はこれ!

8:タロット占いの練習方法!どんどん成長して『初心者から脱出する』にはどうしたらいいか?