スポンサードリンク

占い師名・ブログタイトル・キャッチフレーズ・方向性を決める方法✨

f:id:noabooon:20171121212737j:plain

 

一つ前の記事で、

あなたが「売れる占い師」になるためには、いい感じに自分をパッケージングする必要がある

ということを書きました。

ではどうすれば、自分をいい感じにパッケージングすることができるでしょうか?

このページではそれについて解説します!

  

 

1まず、「自分の強み」に気付く

売れる占い師は、「自分の強み」を理解しています。

だから自分の強みを起点に、自分のキャッチフレーズや名前を考えています。

 

例えば、すごく単純な例を示すと、もしあなたが「恋愛相談を受けるのが得意」なのであれば、「恋愛相談専門のタロット占い師」としてパッケージングすると良いでしょう。

 

しかしここであなたは、以下のように思ったかもしれません。

「私には自信を持って語れることなんて何もないです…」

「私にはそんな大したことは何もできません…」

 

こういう人は、難しく考えすぎですよ(^ ^)

 

そもそも、「強みが無い人」なんて、存在しません。

全ての人間は、どんな人でも、必ず「すでに強みを持っている」ものです。

 

この世の中には、強みがある人と、無い人がいるわけではありません。

全ての人間は平等に「すでに強みを持っている」のですが、そのことに気付いてる人と、気付いてない人がいるだけです。

どういうことかというと…

 

あなたの過去は、全てあなたの強みである

基本的に、あなたが過去に経験したことは、全てあなたの強みです。

例えば、あなたの職歴はなんでしょう?

それを全て書き出してください。

できたら、それは全てあなたの強みです。

例えば、もしあなたがデザイナー経験があるなら、デザイナーの悩み相談には応えられるはずです。

 

あなたは今、こう思ったかもしれません。

「私よりすごい人はいくらでもいる」

「私と同じくらいのことができる人はいくらでもいる」

 

しかしそれは、価値の本質をわかっていない浅はかな考え方です。

価値とは、万人に共通の絶対的な基準が存在するのではなく、「他者との差」によって生まれます。

だから、あなたの経験が全体からすれば「大したことのない経験」だったとしても、あなた以下の誰かからすればそれは「価値ある経験」なのです。

 

あなたがどんな段階だったとしても、「あなたより下の人」は必ず存在します。

あなたがデザイナー3年目なら、デザイナー1年目の相談にはのれるでしょう。

あなたがデザイナー1年目なら、これからデザイナー志望の人の相談にはのれるでしょう。

 

もしあなたが完全なニートだったとしても、だったらそのニートになった経緯から考えてみましょう。

例えば「ブラック企業に酷使された経験がきっかけでニートになった」という人は、今ブラック企業で酷使されている人達に「あなたも退職していいんだよ」「もっと楽になっていいんだよ」「無理にがんばらなくていいんだよ」というメッセージを伝えることができるかもしれません。

 

今回はわかりやすくするため「職業」を例にしましたが、それ以外の全てのテーマについて同じロジックが当てはまります。

もしあなたが「恋愛で都合のいい女になることが多かった」というなら、同じような都合いい女になってばかりで困っている誰かの相談には応えやすいはずです。

もしあなたが「毒親に育てられて困っていた」というなら、同じような毒親に疲弊している誰かには助言ができるはずです。

もしあなたがうつ病で苦しんだ経験があるなら、それもあなたの強みです。

もしあなたが占いジプシーしすぎて借金に苦しんだ過去があるなら、それもあなたの強みです。

もしあなたがDV男に引っかかって大変だった時期があるなら、それもあなたの強みです。

 

「負の経験すらが、あなたの強みになる」

このことをしれば、「私には強みなんてない」と言っている人が、どれだけトンチンカンなことを言っているかわかるはずです。

先ほども言ったように、「強みが無い人など存在しない」のです。

 

「自分の顧客は、常に過去の自分」と考えてください。

今のあなたがどれだけまだ大したことのない存在だったとしても、少なくとも1年前の自分、3年前の自分、5年前の自分、10年前の自分が対象であれば、言えることが何もないということはないはずです。

何かしらの「言えること」はあるはずです。

だとすれば、「強みがない人」なんて、存在するわけがないのです。

 

「私には自信を持って語れることなんて何もないです…」と悩む人。

「私には大したことは何もできません…」と悩む人。

こういう人達は、事実として「何もない」のではなく、本当はたくさんの価値ある経験をすでに持っているのに、そのことに気付いていないだけです。

 

彼らは、自分自身の「ものを見る目」が未熟なため、自分自身の価値に気付いていないだけなのです。

とても、もったいない状態にあるのです。

 

というわけであなたも、ぜひあなたの強みに気付いてください♪

  • あなたの職歴は?
  • それぞれの仕事で失敗したことや、学んだことは?
  • あなたの過去の恋愛パターンは?
  • それぞれの恋愛で失敗したことや、学んだことは?
  • あなたの家庭環境は?
  • そのなかで失敗したことや、学んだことは?
  • 5年前の自分は何をしていた?
  • その頃に自分にアドバイスするとしたら?

こんなふうに考えていけば、必ずどこかで「あなたの強み」を見つけることができるはずですよ😎✨

 

自信をつけるために何かをする必要はない。

よく、「まだ自信がないから●●の資格をとって自信をつけてから挑戦しようと思います」みたいなことを言う人がいますが、こういう人って「先延ばしにして、挑戦することから逃げているだけ」なんです。

もしあなたが本当に占い師になりたいなら、「自信をつけるために何かをする必要」はありません。

ただただ、自分の過去に対する見方を変えればいいだけです。

自分がすでに持っている強みに気付いて、その強みを活かせばいいだけです。

…それ以外に必要なことなんて、何もないのです♪

 

今これを読んでいる人の中で、それでもどうしても「自分の強みを見つけることができない」という人がいたら、僕のところに相談しにきてください。

そしたら、僕が必ず、あなたの強みを見つけてみせます。

どんな人でも必ず、すでに強みを持っている、あなたは「無理にがんばらなくても」「資格や肩書きを取得しなくても」「今のあなたのままで」「すでに人の役に立てる」ということを証明してみせます。

 

2その強みは、「誰の役に立つか?」を考える

そうやってあなたの強みのリストアップが終わったら、次にあなたのその強みは「誰の役に立つか?」を考えてみてください。

このとき、できれば

  • 年齢
  • 職業
  • 年収
  • 婚姻歴
  • 趣味
  • 休日の時間の過ごし方

などを、「それってあの人のことやん!」と想像できるくらいまで、ハッキリと、具体的に、イメージしてみてください。

 

「20代後半で、事務職などやや裏方系の仕事をしており、年収は300〜400万ほどでそれほど多くはない、未婚、そろそろ一生もののパートナーシップを築きたいと考えているけれどもいつも遊ばれて終わってしまう、それほど強く趣味と言えるほどのものもないので「自分の人生てなんだろう」とぼんやり考えてしまうこともある、休日は友達と遊びにいくか家でのんびり過ごす以外に活用法を見つけることができないような人」

「これって昔の私やん!」

「これって知り合いのAちゃんやん」

 

3「誰のどんな欲求を満たすことができるか?」を想像する。

ここまでが終わったら、あなたはすでに

・自分の強みは何なのか?

・それは誰の役に立つのか?

・それが役に立った結果、その人はどんな風に変われるのか?

などが、だいぶ具体的なイメージとして浮かんできたはずです。

 

次にそれらを整理して

・どんな人の

・どんな欲求を満たすことができるのか?

を、文章として書き出してみてください。

  

  • 私も昔は遊ばれがちな女だった。でも今は素敵な旦那をゲットすることができている。私のこの経験知識を語れば、「素敵なパートナーを見つけて幸せな結婚をしたいのに、なかなかそれが実現できない人達」の「結婚したい」を満たすことができる。
  • 私も昔は「責任を引き受けるのは怖いこと」だと考えていた。だから事務職などの、それほど責任を引き受けることがない仕事を選ぶことが多かった。でも今の私は、「責任を引き受けたほうができることが増えて成長につながるし、自由が増えるし、そのほうが楽しく生きることができるんだ」ということを知った。私のこの経験知識を語れば、「今の生活になんとなく不満がある人達」の「もっと充実して生きたい」を満たすことができるかもしれない。

 

ここまでイメージが浮かんでくれば、これだけでもすでに「それっぽいキャッチフレーズ案」をいくつか作ることができるはずです。

「愛されて幸せな結婚をしたいあなたへ😊恋愛専門タロット占い師●●の▲▲メソッド!」

「大人女子のためのタロット占い♡魅力溢れるイイ女になって輝いて生きよう✨」

 

4既存の成功事例を調べる

次に、既存の成功事例を探して、探して、探しまくりましょう。

成功事例は占い師に限定することもありません。

カウンセラー、コンサルタント、美容師、アフィリエイター、ブロガー、youtuber、なんでもけっこうです。

とにかく「あなたが好きな人」をたくさん集めてください。

あなたにとって「心にグッとくるキャッチフレーズ」を集めてください。

 

5あなたの強みと、既存の成功事例を融合する

そうやってモデルケースをたくさん集めたら、最後に、事前に書き上げた「自分の強み」と「集めたモデルケース」を融合させて、自分のパッケージングを考えてみましょう🤗

このようにすると、「既存の成功事例」と「あなたのセンス」を融合することができるので、一人だけで闇雲に考えるよりも、はるかにセンスのいいものができるやすいのです♪

 

6ブログタイトルを決定する。

ここまでを踏まえて、最後にあなたのブログ名を決定します。

素敵なブログ名をつけるための観点は、いくつかあります。

 

なんの役に立つか?何が得られるか?

 まずもっともわかりやすいのは、

「どういう悩みが解決できるのか」

「どういう目標が達成できるのか」

といった感じで、「なんの役にたつか?」ということを明確にする名前です。

 

こういったブログ名のメリットは、まずタイトルを見ただけでどういうことが得られるサイトなのかがわかりやすい点と、「Google検索に引っ掛けやすい点」です。

 

実例としてはこちら。

shiawasesalon.com

 

こちらのサイトは占い師さんではありませんが、あまりによくできているサイトだったのでご紹介します。笑

美容室、ネイル、エステなどを個人で開業したい方向けの情報発信をされている方のサイトです🤗

もう、名前を見れば一目でそのことがわかりますね笑

しかも「リピート率」っていうワードは、Googleでもよく検索されているであろうワードですので、そういう意味でも非常によく完成されたブログ名です。

  

ライフスタイルの提案

検索ワードや、具体的な悩み解決ではなく、「ライフスタイルの提案」を中心にしてブログタイトルを決定している方もいます。

 

例としてはこちら。

ameblo.jp

 

新宿の中込あいさんという占い師さんです。

この人はとにかくカードの展開や読み方がシンプルで、わかりやすいのが特徴です。

またブログを読んでみるとわかりますが、根底に「何か迷うことがあったら、全部タロットに聞いて判断を委ねてしまいましょう」というライフスタイルの提案があることがわかります。

 

つまり彼女は

  • 迷ってばかりでなかなか決断できない人達に
  • タロットに全部任せちゃえばいいだけだよー✨を提案することで
  • 「楽になれる」という利益を提供しますよ

ということを伝えているわけです。

その結果が、「タロットカードでスッキリライフ」というタイトルなわけです。

 

それからこちらの方…

ameblo.jp

 

こちらはタロット占い師ではなく「引き寄せ系」の人ですが、タイトルを見れば一発で、

「自分磨きに疲れてる人」

「努力することに疲弊してしまった人」

を対象にしていることがわかります。

 

彼女は…

  • 自分磨きに疲れてる人に
  • 「引き寄せを使えばもう頑張らなくていいんだよー」と提案することで
  • 「楽になれる」という利益を提供できますよ

ということを、タイトルに詰めこんでいるわけですね。

 

雰囲気で勝負

具体的なワードではなく、「なんとなくの雰囲気」で勝負される方もいます。

こういうのはうまくいけば、「サイト名」でのブランディングが確率できることが多いので、そういう戦略もありです。

 

例えばこちらのかた。

ghroom.net

 

こちらは、タイトルをみただけでは詳しいことはよくわかりませんが、でも「なんとなくいい雰囲気」の名前になっていますね。

あと、わからないといっても、ひとまず「年齢層が高め向けなんだな」くらいは最低限伝わるようになっています。

  

自分の名前で勝負。

どうしてもいい感じのブログタイトルが浮かばなければ、いっそ自分自身の名前をそのままブログ名にしちゃってもオッケーです!

 

例えばこちらは電話占いウィルの有名な「Loveミラクル法則」という謎の法則をつかさどる方なのですが…

ameblo.jp

 

まず冒頭に自分の名前。

その後、なんか色々キャッチフレーズが並んでいますがほぼ意味不明で、そして最後に「キララ神話」でもう一度自分の名前を繰り返すという徹底っぷりです。笑

なんかもう理屈じゃなく、すごい感がありますよね笑笑

こういうブログネームは、Google検索などは拾いづらいですが、圧倒的な存在感を出すことができるので、自分の名前そのものをブランド化しやすいです。

そういう戦略でいくなら、こんな名前もありです🤗✨

 

7占い師名を決定する。

最後に自分の占い師名を決定しましょう。

占い師名を考えるときは、以下の観点に気をつけてください。

 

・自分の専門分野をイメージしやすい名前であること。

名前にはイメージや連想を膨らませる効果があります。

ですので、名前のイメージから浮かびあがるであろう像と、自分の専門分野はなるべく一致させたほうが望ましいです。

もしあなたが恋愛系の占い師になろうと考えているなら「デューク東郷」みたいな名前にはしないほうがいいでしょうしし、その逆に仕事系の占い師になりたいなら「ペン助」みたいな名前にしたら頼り甲斐がなさそうです。笑

名前は常に、「自分のイメージに合ったもの」を選ぶようにしましょう。

 

・読みやすいもの

たまに「死美斗💀✨」みたいな感じで、かっこつけてものすごい当て字な名前を作っちゃう人がいますが、こういうのは読みづらいので、名前を覚えてもらいづらいので、やめたほうがいいです。

電話占い界隈などはこういう名前の人が多いですが、あの界隈は「会社側が一定の集客力をすでに担保してくれていること」が前提だから、そういう名前でもそのままやれちゃうだけですので、個人でやる場合は、こういう名前はやめましょう。笑

 

・同業他社とかぶっていないもの

名前を決定したら、一応その名前で検索して、同じようなエリア・同じようなジャンルに被っている人がいないかを探しましょう。

完全にかぶってると、クレームが来てしまうことがあります。

 

・占い師っぽい名前であること

できれば名前は、占い師っぽい、かっこいいものにしましょう。

世の中には「しいたけ」で成功している事例もあるので、必ずしも大げさな名前にする必要はありませんが、少なくとも自分自身が心から胸を貼って名乗れる名前にしましょう😎

 

以上で、あなたをパッケージングする方法の解説は終了です🤗

この記事を参考に、ぜひとも「最高に輝いたあなた」を創造してください😎✨

 

次のページからは、そうやってパッケージングされたあなたをみんなに知ってもらうために「人を集める方法」について解説していきます。

占いの集客方法!!!!!