スポンサードリンク

現代タロット占い師が提案するオリジナルスプレッド!

このページでは、現代タロット占い師が提案しているおもしろいオリジナルスプレッドをいくつかご紹介します。

そのまま活用してもオッケーですし、自分なりのアレンジを加えても大丈夫です。

あなたの発想の足しにしてみてください😊

 

 

変形ヘキサグラム 

わりと有名なやつですね😎

ザ・タロットや、実践トートタロットなどの著者「藤森緑さん」が独自に考案したスプレッドです。

自分の気持ち、相手の気持ちのそれぞれに対して「過去・現在・未来」と展開するため、恋愛などを占う際にやりやすいです。

 

f:id:noabooon:20180123163441j:plain

http://shigeuranai.typepad.jp/futurestone/2008/04/post-b311.html

 

よっちゃん流ヒト形スプレッド

f:id:noabooon:20180331174303j:plain

https://cocoloni.jp/culture/7708/

 

よゐこの濱口優さんの弟で、お笑い芸人兼タロット占い師として有名な「濱口善幸さん」が使用しているオリジナルスプレッドです。

その人物が、頭で考えていること、心で思っていること、過去・現在・未来という5つの要素を展開します。

彼の気持ち占いとかするときに、活用しやすそうですね! 

 

ハートソナー

『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』

に掲載されているスプレッドです。

 

f:id:noabooon:20180402215218p:plain

 

これも恋愛占いに活用しやすそうなスプレッドです。

ここまで全部、恋愛系ばかりになってしまいましたが、それだけ現代のタロット市場は恋愛相談が多いことの現れですね。

 

カレンダー

同じく

『78枚のカードで占う、いちばんていねいなタロット』

に掲載されているスプレッドです。

セブンデイスプレッドを応用し、一ヶ月全ての日に対して、タロットカードを引きます。

時期などを見たい場合に、連想しやすいでしょう。

 

f:id:noabooon:20180402215349p:plain

 

どうやって愛を見つける?

アメリカの占星術研究家サラ・バートレットさんが、その著書「タロットバイブル」で紹介していたオリジナルスプレッドの一つです。

本書ではオリジナルスプレッドが50くらい?ものすごく大量に紹介されているのですが、その中でもとくに面白そうだったこちらをご紹介します。

 

f:id:noabooon:20180404173618p:plain

 

  1. いまのあなた
  2. あなたが必要としている愛
  3. あなたが表現しなければならないもの
  4. あなたが与えなければならないもの
  5. あなたが受け取らなければならないもの
  6. どうやって愛を見つけるか

 

恋活中、婚活中の人や、そもそも自分はどういう愛を欲しているのかわからなくなってきちゃったみたいな人にやってみると、おもしろい連想が湧いてきたりすることがありますよ😎

 

ワークサイクル

f:id:noabooon:20180611000907j:plain

byレイチェルポラック

 

後で書きます!

 

 

世界の卵スプレッド 

完全マスター西洋占星術などの著者として有名な松村潔さんが考案したスプレッド です。

図のようにタロットカードをぐちゃぐちゃに配列して、あとは一つの質問に対して一つのカードを、任意のところから引き続けるそうです。

 

f:id:noabooon:20180403145114p:plain

 

細かくいうと、卵の全体を九つのエリアに分けて、そこに生命の樹のセフィラと同じ名称をつけたりしてるみたいなんですが、ぼんやりしすぎてて僕にはあんまりピンときませんでした。笑

人によってはこういうぼんやりしたスプレッド のほうが合う場合もあるので、興味のある方は以下の著書を読み、試してみてください😊

「世界の卵スプレッドでタロット占い」

 

また、このスプレッドは従来の「ポジションを明確にして」「そこにカードを配置する」という固定観念をぶち壊しているところも特徴的ですので、「タロットはこれくらい自由でいいんだ」という例の一つとして覚えておいてください。

 

クラウドスプレッド

前述の松村潔さんが、別の著書「クラウドスプレッドタロットリーディング」で紹介しているスプレッドです。

基本は、世界の卵と一緒です。

とくに固定のポジションやレイアウトはとらず、カードをぐちゃぐちゃにして、その中からカードを表にしていきます。

さらに、できた楕円を九つの区画に分類します。

「じゃあ、世界の卵と何が違うんだよ」って思いますよね?

はい、こちらの特徴は、「タロットカードを2セット使うこと」です。

そのため、「塔2枚とも両方ひいちゃったー!やべー!」とか、そういうことが起こるようになっています。笑

もう、色々と新しすぎてわけがわからないんですが、この方の著書はだいたい全部そんな感じなので、興味がある方はぜひ読んでみましょう。笑

「クラウドスプレッドでタロットリーディング」

 

ユンギアン・タロット

フロイト・アドラーと並んで、近代心理学の基礎を作ったことで有名な「カール・グスタフ・ユング」は、タロットにも非常に興味を持っていたようです。

その流れで近年は「ユングタロット」というジャンルが生まれているのですが、ユングタロット好きな人達の間でよく使われているスプレッドです。

 

最初に78枚の中から「象徴カード」を1枚選びます。

その人のイメージにあったものであれば、なんでもいいそうです。

どうしても迷うなら、

  • 火の星座生まれ(牡羊座・獅子座・射手座)はワンド
  • 地の星座生まれ(牡牛座・乙女座・山羊座)はペンタクル 
  • 風の星座生まれ(双子座・天秤座・水瓶座)はソード。
  • 水の星座生まれ(蟹座・蠍座・魚座)はカップ

から選ぶといいそうです。

また、男性ならキング、女性ならクイーン、若者なら男女関わらずペイジから選ぶようにしましょうとのことです。

 

そして以下のようにカードを展開します。

 

f:id:noabooon:20180403150550p:plain

 

各ポジションの読み方は以下の通りです。

 

  • シャドウ「自分では認めたくない、抑圧している一面」
  • アニマ「心の中の女性的な原理や、理想とする女性の姿」
  • アニムス「心の中の男性的な原理や、理想とする男性の姿」
  • マザー「心の中の母性的な原理や、母親に投影するもの」
  • ファーザー「心の中の父性的な要素や、父親に投影するもの」
  • 魂のエネルギー「相談者を深いところから突き動かしているもの」
  • 過去1〜15「相談者のこれまでを形成してきた過去の出来事。番号が若いほど過去の出来事になる」
  • これからの可能性「相談者がこれから切り開くことができる可能性」

 

こうして整理するとわかりますが、一見めちゃくちゃ大量にカードを引いているように見えて、そのほとんどが「過去」です。

相談者の過去をじっくりとほじくり返していき、相談者の内面に封印されていた力などを解放するよう誘導するセッションができるかもしれません。

 

ちなみに、あんまりたくさんカードがありすぎると混乱しそうな人は、いったん過去の部分を省略して、単純にシャドウ〜ファーザーまでだけでカードを展開してみると、読みやすいですよ。笑