スポンサードリンク

「幸薄そうな占い師」のままでいいの?お客様の愚痴や、●●が嫌いって話ばかりしてる占い師は何がしたいの?

こんにちわ!

渋谷のタロット占い屋、中川龍です😊✨

 

今日たまたま、ちょっとすごいタイトルの本を見つけました。

こちらです!!!!

 

幸薄い占い師でいいの?

幸薄い占い師でいいの?

 

 

幸薄い占い師でいいのーーーー?

…なんか、すごい切り込んできましたね笑

 

この本の著者さんは、もともと占い師だったわけではないそうです。

これは僕と同じ立ち位置ですね!

しかしひょんなことから、紫微斗数にハマり、その世界観の奥深さに感動し、ネット上で紫微斗数鑑定をしてくれる占い師さんをあちこち探した結果…

 

「なんでこう、イケてない占い師が多いんだろう?」 

と疑問に感じたそうです。

 

さらに彼女は、こう続けます。

 

(私は)当時からバンドをやったりしていたこともあり、情報発信のためのブログを書いたりしていたのですが、なんというか、売れていない占い師がネットで、

「占います。ご依頼はこちら→」

なんて書いてる一方で、クライアントさんの愚痴を延々と書き綴っているわけですよ…。

「集客したいんだよね?

こんなブログ見て申し込まれると思うの?

私が鑑定にいちゃもんつけたら、こうやってブログにボロクソ書かれるのかな?

そもそも、こんな人気も運もなさそうな占い師になんて占ってもらったら不運が移るし…」

と思いましたね笑

だから正直、「占い師ってバカなのかもしれないな」と見下している部分もあったんです。

 

思えば、バンド活動でもちゃんと黒字になるようにライブや物販の計画を立てて、得た利益で次のレコーディングをしようとか考えてましたしね。

(この経験は、占い師になってからイベント集客で役立ちました)

『売れるようになりたいはずなのに、選ばれないプロモーションをしている占い師ってバカなんだ』と思っていたのです。

ええ、嫌なやつです…

 

どうでしょう!

すごいボロクソに書いてくださってるので、中には耳が痛い人もいたかもしれません笑

 

でも、この本に書いてあることは、本当にその通りです。

 

実はね、世の中ってみんなが考えているよりも、はるかにシンプルなんですよ。

お金を稼ぎたいなら、お金を稼げるような行動をすればいいだけなんです。

 

それでも多くの人がお金を稼げるところまで至れないのは、単純にその人自身が、「お金を稼げないような行動習慣」を持っているからなんですよね。

お客様の愚痴をいったり、日常で●●が嫌いだとかなんとか嘆いたり、、、

ようするに、不幸そうなんです。

まったく幸せそうじゃないのです。

そんなんじゃ集客できなくて当然です。

だってあなたのところに依頼を飛ばしても、何か得られるって感じがしないじゃないですかー!!!!!!!!

 

今、愚痴ばっかの人はこれからどうしたらいい?

さてさて、ダメ出しだけしてもあれなんで、いちおう対策も書いておきますね。

今、すでに、「愚痴をたれながしてばっかりのアカウント」で占い集客をしている人が、これから「稼げる占い師」になるにはどうしたらいいか?

簡単です。

これからは、不幸ではなく、幸福を語ってください。

そして愚痴ではなく、希望を語ってください。

 

「これが嫌だ」

ではなく

 

「私はこういうものが好き!」

「だからその実現のためにこういうことするぞ!」

みたいなことを語るんです。

 

たったそれだけで、あなたも今日から、「幸薄そうな占い師」から、「幸福そうな占い師」になれますよ😎✨

どういうことかわかるかな?

わかる人は、さっそく今日からやりましょう!

 

わからない人は、すみませんここだけではそれを語りきれないので、いつかそのうちこのブログで書くのでお待ちくださいー😊✨

 

幸薄い占い師でいいの?

幸薄い占い師でいいの?

 

 

おしまい!

読んでくれてどうもありがとう😊✨